Category Archives: 批判

自分が思うような出会い

自分が思うような出会い

母親に依存的な娘は自分が望む選択肢を選べなくなり、望むものもわからなくなっていくのです。問題はそれだけに留まらないんですよね。「母がたびたび指摘するように、不幸へ向かう選択肢しか思いつかない自分は、もともと幸せになれない存在なのではないか」「軌道修正をしてくれる母親から離れたら、本当に不幸になってしまうのではないか」このような気持ちに陥り、「自分は幸せになれない」「母親から離れられない」と、自分で自分の意識に刷り込んでしまう危険性があるのですよね。しかし、自分が本当に好きだという人と出会い、付き合って不幸になっている人は、世の中にどれぐらいいるのでしょうか。かわいいと思う洋服やバッグ、化粧品の色、好きなお店で友人と飲食をすること、就きたい仕事、出会い愛する彼氏。母親から見たら型破りで、「ちょっとこれは」と思うかれません。しかし、言いつけ通りにしたからといって、本当に幸せがやってくるわけではないですよね。自分が選ぶアイテム、仕事、友人との出会い、恋人との出会いなどが、本当に幸せを遠ざける存在か。そもそも自分の存在自体、幸せを許されていないのか。常識的に考えて、いずれもあり得ないということは間違いないのです。思うような出会いを積み重ねていけばいいんですよね。

お互いのあら探しをはじめる

お互いのあら探しをはじめる

彼らはお互いにだけ関心を寄せていました。彼らは何年も幸せに暮らしていました。人聞は結婚してしばらくは仲良く生活します。でも、遅かれ早かれお互いのあら探しをはじめるんです。オウムさんあなたが説明してくださいよ。僕たちが気づいていることは、ほとんどの場合、旦那さんがはじめて、奥さんが仕返しをする、ということです。彼女が沈黙で彼に反抗しているとき以外はね。その部分に関しては、私は気にしていないわ。昼寝を邪魔されるのが一番いやですから。」「オウムと猫と犬が言っているだなんて、信じられないわ。まさに私たちはその通りのことをしているわ。」「わかったぞ。何が起こっているかがわかった。僕のいないときに、君があのオウムに話しかけているのを見たことがある。オウムが自分から考えつくなんでありえない。 Read the rest of this entry

お互いを批判するようになる

お互いを批判するようになる

「でも、それはここでも起きているよね。覚えているかな。長いこと仲良くやっていたよ。でもいつからか、ふたりはお互いを批判するようになったよね。そしてお互いをあらゆることで責めているわよね。お互いに対して文句も言い続けているよ。」「しかも毎年悪くなる一方だ。ふたりとも、僕たちに接するような接し方をお互いにすればいいのにね。」「本来なら素敵な眠りを楽しむことができるベッドの中ですら、このお馬鹿さんたちは、お互いに言い争いをしているのよ。世界中のどんな猫でもそんな馬鹿なことはしないわ。」「でも、僕たちにしたってこんなに良い家庭を見つけることはもうできなそうだよね。彼らを助ける方法はないかな?」「私は良い模範を示そうとしているわ。私は常に近くにいても、彼らの邪魔になるようなことはしていないわ。人間たちは、私を可愛がるためにわざわざ寝ている私を起こすことがあるけど、私は一度も文句を言ったことないわ。」 Read the rest of this entry